NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会

書くことから始まる ひとりでできる自己発見法

セルフ・カウンセリング®は、40年以上前、心理学者 渡辺康麿氏(玉川大学、立正大学教授歴任、前昭和女子大講師)によって創案された、かけがえのない人生を、よりよく生きることを願っている人のための一人でできる自己発見法です。

渡辺氏は、すべての人が自己理解を通して自分をかけがえがない存在と受けとめ、よりよい人生を過ごすことを願ってセルフ・カウンセリングをつくりました。

フォーマットに記述をしていきます。そのことにより、自分がどのように現実をとらえ、何を願い、どのような価値観(既成概念)を抱いているか理解していきます。

自分の気持ちの理解が深まると自分の思い込み(既成概念)から自由になります。そのうえで、相手の気持ちを推察して、他者とのよりよい交流を可能にします。

フォーマットの書き方にそって記述してみると、まず、自分の既成概念に気づき、相手と自分のかかわりがリアルに見えてきます。そこから自分の気持ちの理解が深まります。

10万人以上が学んだ実績ある方法

セルフ・カウンセリング®は、大学では教育学及び心理学の講義として選択されていたほか、教育委員会主催研修、幼稚園、小中高等学校、看護師研修、企業内研修、昭和女子大学オープンカレッジ、朝日カルチャーセンターなどの大手カルチャーセンターや、NHK学園などの大手通信教育講座として、述べ10万人以上が学び、多岐にわたる分野で成果をあげてきました。

 現在、東京学芸大学教職大学院と生涯学習セルフ・カウンセリング学会は2008年秋より共同研究を行っています。

「セルフ・カウンセリング」(自己発見学習法)による教員の授業力向上をテーマとして研究を続け、教師研修や授業の実践報告、教材開発も行っています。セルフ・カウンセリングの名称、理論、方法は商標登録されています。

NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会

〒215-0003
神奈川県川崎市麻生区高石4-23-15

  • 電話番号:
    044-955-3226
    ※電話の受付は、月~金(祝日を除く)午前10時~午後5時までになります。
  • ファックス番号:
    044-954-3516
  • e-mail :
    self-c@jt7.so-net.ne.jp
コミュニケーション・トレーニングセミナー日程とご案内
セミナーお申し込み、資料請求などのお問い合わせ・お申し込み