NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会

新入社員研修導入事例

新入社員研修風景
新入社員研修風景

新卒社員は、企業それぞれの社員教育プログラムで社会人としてのスキルを学びます。

コミュニケーション研修も、ビジネスマナー、メールのやりとりの仕方など、さまざまなプログラムが用意されています。

セルフ・カウンセリングによるコミュニケーション・トレーニングは、社会人としての土台となる、自分と相手を活かした本当のコミュニケーション力を養う方法として、注目されています。

情報通信系企業導入事例

●社会人として土台となるコミュニケーション力を1日研修で養う

過去5年間、毎年4月に新卒社員研修の「コミュニケーション力強化研修」として、セルフ・カウンセリングによるコミュニケーション・トレーニング4級を導入いただいています。

この企業では、新卒社員研修の中に、コミュニケーション研修を数多く取り入れておられます。

研修担当の方からは、「この研修は、さまざまなコミュニケーション研修の中でも、もっとも土台となる、自分の気持ちを理解し、相手の気持ちを推察し、自他ともに活かす本当のコミュニケーション力をつけるトレーニングと考えています。気持ちという部分に着目することで、社員のメンタルケアにもつながると考えており、このトレーニングは社員研修に欠かせないと考えているのです。」という言葉をいただいています。

 

参加した新入社員の声

●自分と相手のくいちがう欲求と共通する欲求を読みとり、そこからお互いが納得できる答えを探すことがわかった。欲求を抜き出してみると、違った考えが生まれた

 

みんなで、一人ずつ意見を出し合う大切さ、チームワークを仕事でも生かしたいと思った。

 

●それぞれの気持ち(思ったこと)をふまえることで、解決できるということを学びました。

 

●立場を変えるといろんな思い、考え方があるのだと思った。自分の欲求ばかりでなく、相手の欲求を考えるということが大切なんだと思った。

 

普段のコミュニケーションで、相手の言葉だけで判断するのではなく、相手の気持ちを考えることが大事だとわかった

 

エンジニア派遣企業導入事例

新卒エンジニアが技術力を身につけて、企業に派遣されたとき、客先とコミュニケーションを円滑にしていくことをねらいとして、新卒エンジニアのためのコミュニケーション・トレーニングとして導入していただきました。

参加した新卒エンジニアの声

 

●今回の研修では、自分が考えていたコミュニケーションとはかなり差があるのだと感じました。これから仕事をしていく上で、技術力と並んでとても大事なことなので、しっかりと自分で考え、習ったことができるよう行動していきたいと思いました。

 

●普通、コミュニケーションと呼ばれる他者の考えを読み解く工程の前にそれに対する自分の欲求を考えるという手法は斬新です。

私がどうしたいのかについて考えることは今までやったことはありませんでした。それを、知れたことは、エンジニアとして成長することに使えると思います。

 

●自分の欲求と相手の欲求のくい違いは日常的によくあることであり、それをしっかり理解し、考えることでコミュニケーション力の向上に繋がる点が非常に印象に残っています。

 

●コミュニケーション力は、話をする能力だとばかり思っていましたが、相手の話を聞くこと、さらに、そこから自分と相手の欲求のくい違いを理解しなくてはならないということが一番印象に残っていることです。今までは相手の欲求を理解していないから、上手なコミュニケーションができなかったのだと思いました。

 

●コミュニケーション・トレーニングを受ける前は、業務打ち合わせのときに自分が希望する業務を主張することばかり考えていた。この講義のおかげで、客先の担当者の方が何を求めているのかについて考えをめぐらせることができるようにしたいです。

NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会

〒215-0003
神奈川県川崎市麻生区高石4-23-15

  • 電話番号:
    044-955-3226
    ※電話の受付は、月~金(祝日を除く)午前10時~午後5時までになります。
  • ファックス番号:
    044-954-3516
  • e-mail :
    self-c@jt7.so-net.ne.jp
コミュニケーション・トレーニングセミナー日程とご案内
セミナーお申し込み、資料請求などのお問い合わせ・お申し込み