【セルフ・カウンセリングすることと修行は同じ?】中村紀典

イメージ写真
写真はイメージです

 セルフ・カウンセリング普及協会は、自分の既成概念に気づき、自分と相手とを共に活かす交流をめざす『セルフ・カウンセリング®』を普及するNPO法人です。

ホームページのリニューアルに伴い、今月から理事、監事が交代でブログに投稿することになりました。今回も前回に引き続き中村紀典理事です。

 

 私はセルフ・カウンセリングをはじめて27年たち、これまでに約500件のセルフ・カウンセリングの記述をしてきました。何故、続けてきたかというと問題点をセルフ・カウンセリングの方法で記述すると気持ちが楽になるからです。

 

たとえ問題点が解決しなくとも問題点への見方・考え方が変わり気持ちが楽になります。

セルフ・カウンセリングの記述をすることで自分の価値感、欲求を自覚できます。その結果、自分の持っている既成概念から離れて物事を広く客観的に見れるようになるために、気持ちが楽になるのだと思います。別の言い方をすると、自分の既成概念に捉われなくなったために、新たな考え方に気づいて新しい世界が開けてきます。

 

 仏教では、”修行することで執着に捉われないようになる”というようなことを聞きますが

 

これって、セルフ・カウンセリングをして、自分の欲求に気づき、その結果、自分の既成概念から解放されることと似ているな?と思ったりもします。これは、あくまでも私がフッと思ったことであり、比較できるものでないかもしれません。

 

 ただ、私にとってセルフ・カウンセリングをすることは、自身の真の内面を知るための一種の修行のように思われます。今後も、私はセルフ・カウンセリングの記述を続けて、自分の人生をますます安心で楽しいものにしてゆきたいと思います。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    幸代 伊東 (土曜日, 14 5月 2022 06:35)

    流石、とても自己消化出来ている事が!
    文面から伝わります♪
    離乳食の如きに喉元に入って来ます♪

    1、両方を活かした交流が可能に成る。
    2、解決しなくても、心が楽になる。
    3、自分の物差しの捕らわれから解放される
    4、自分の欲求と感情を自覚出来る。
    5、自己理解出来る事で他者理解が出来る。
    6、自他境界線が引けて、余裕が出来る。

    私は何時も心がニュートラルに成る!、、
    、、と感じて居ます♪

    傾聴ボランティアをするに当たり
    セルフ.カウンセリングの理論を深めたいと思って居ます♪

  • #2

    投稿者中村から幸代 伊東様へ (月曜日, 16 5月 2022 17:32)

    今回は”修行”という言葉を使ったので、批判が出るのではと思いつつ、でも今の本当の私の気持ちをお伝えたく、思い切って投稿しました。嬉しいコメントありがとうございました。
    傾聴ボランティアをするに当たりセルフ・カウンセリングの理論を深めたいと思っているのですね。
    伊東様の書いた1.~6.の文を拝見してセルフ・カウンセリングのことをよく理解している方と思いました。素晴らしい傾聴ボランティアが進展すると思い力強く思いました。応援しております。